自分好みのソフトが作りたい、と思ったがなかなかやる気がおきないので、ブログ形式に開発状況を公開してみます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 ← こんなのにも登録してみました。
色つけてみた
menu2.jpg


コレで一応カテゴリー別になったかな。
メニューはこんなもんですが、他の画面はまだほとんどできとりません。ちなみに、フォームを開くっていうメソッドを突っ込もうと思ったらすっかりVBAが頭から離れていてそのままです。


てなわけで、少しこれから復習をせねば・・・。いつできあがるやら。
スポンサーサイト
 ← こんなのにも登録してみました。
開発中・・・
menu.jpg




メニューはこんな感じ。機能が増えたらボタンも増やそう。
 ← こんなのにも登録してみました。
テーブルだけじゃだめなんだ!
相変わらず更新の遅いブログで申し訳ないm(__)m

さて、前回の記事ではテーブルについて書きましたが、普通にテーブルだけ用意しただけでは一度設定したあと変更のないテーブルも蓄積型のテーブルも勝手気ままにデータをいじれてしまいます。

見かけはエクセルのようなテーブルに対して、変更や入力に必要な部分だけを見せて余計なところをいじれないようにしてしまうために、フォームという機能があります。(もちろんそれだけのためにあるわけじゃないんですが・・・)

たとえば・・・
お店の名前を入力するのがめんどくさい!
というあなたにはドロップダウンボタンでマスタに入ってる店舗データから店の名前を選択したり
先月のデータだけ見たい!
なんていうことも、プログラミングしだいでボタン1個押すだけで見られたりもするわけです。

さて、そろそろ形にしてみましょうかね。大枠だけはできたんで、どっぷりプログラムに浸ってみようかなあ・・・。
 ← こんなのにも登録してみました。
テーブルの区分
またまた、間が開いてしまいました(汗)。

さて、テーブルの続き。
テーブルはデータを蓄積しておくところなのですが、このデータの蓄積の仕方によって使い方も変わってきます。

・お店の名前や品物の名前のように、一度入力したらあまり変化することのないデータ
・お財布の中身や銀行の口座残高のように、常に変動するデータ

の2種類の蓄積方法があります。どちらもデータなのですが、前者をマスタと呼ぶことが多いです。

データの扱い方ですが、マスタは一度設定したら利用者(ユーザー)が勝手に動かせないようにする工夫が必要になります。また、データベースの場合はエクセルのワークシートと違ってデータの入出力をテーブル画面で直接入出力することはあまりしません。これらのテーブルに対してほぼ1対1の割合で入力画面(フォーム)を作ることになります。
 ← こんなのにも登録してみました。
テーブル作り(NOT工作)
ここからは、作業をAccessのデータベース作成を前提に話をします。

えっと、ソフト名は仮称"euromoney"ってことにしました。もっといい名前があったらこっそり誰か命名してください。ヨロシク。

テーブルってのは、食卓テーブルとか事務机とかではなくデータを保存したり入力したりするところの名前です。

[テーブル作り(NOT工作)]の続きを読む  ← こんなのにも登録してみました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。