自分好みのソフトが作りたい、と思ったがなかなかやる気がおきないので、ブログ形式に開発状況を公開してみます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 ← こんなのにも登録してみました。
レシート入力
まずは1、2の、レシート入力・レシート外入力について。

ここで気をつけなければならない点は、

(1)まとめ買いをするスーパーなどの場合は費目が重複する可能性がある。たとえば食費・日用品・衣類などひとつのカテゴリーには収まらない。費目別のレコード入力にすればすっきり解決しそう。

(2)飲み物のペットボトル・ビンやケースには保証金制度(Pfand)というのがあって、その分はあとで店に返却すると戻ってくる。純粋に食費だけの統計を取りたいのであればこれは別にしたほうがよいかもしれない。

(3)レシートのないものは単品入力になるが、極力どこで買ったかくらいは入力する。ない場合はその他で対応。

(4)当然ながら、ユーロの下のセントまで入力できる必要がある。小数点2桁まで入力し、ない場合は00埋め。円の場合は一度の買い物で5桁ほど入力することもあるので、テキストボックスはそのためのスペースも必要。

ちなみに、消費税は内税になるので考えないことにしよう。

(5)データはどの通貨でも入力できる。EUR・JPY・GBPなど。普段の入力の簡便さのために、標準通貨を設定できるようにしておく。それ以外の入力の時にはドロップダウンで選択する。

(6)支払の形態もドロップダウン選択。標準は現金。クレジットカードやECカードでの支払は、未払チェックのフラグをたてる。
スポンサーサイト
 ← こんなのにも登録してみました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。