自分好みのソフトが作りたい、と思ったがなかなかやる気がおきないので、ブログ形式に開発状況を公開してみます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 ← こんなのにも登録してみました。
テーブルの区分
またまた、間が開いてしまいました(汗)。

さて、テーブルの続き。
テーブルはデータを蓄積しておくところなのですが、このデータの蓄積の仕方によって使い方も変わってきます。

・お店の名前や品物の名前のように、一度入力したらあまり変化することのないデータ
・お財布の中身や銀行の口座残高のように、常に変動するデータ

の2種類の蓄積方法があります。どちらもデータなのですが、前者をマスタと呼ぶことが多いです。

データの扱い方ですが、マスタは一度設定したら利用者(ユーザー)が勝手に動かせないようにする工夫が必要になります。また、データベースの場合はエクセルのワークシートと違ってデータの入出力をテーブル画面で直接入出力することはあまりしません。これらのテーブルに対してほぼ1対1の割合で入力画面(フォーム)を作ることになります。
スポンサーサイト
 ← こんなのにも登録してみました。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。